POLICIES各種方針

プライバシーポリシー

株式会社大興設備開発は、お客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行い、以下の通り適正な管理を行うことに努めております。

1. 利用目的
お客様から提供を受けた個人情報は、より良い商品・サービスの告知、有用な情報のお届け、その他正当な目的のためにのみ利用いたします。
2. 個人情報の収集
お客様の個人情報を収集させていただく場合は、収集目的等を明示したうえ、必要な範囲内で収集させていただきます。
3. 第三者提供の制限
お客様の個人情報は、以下の場合を除き第三者に開示、提供することは致しません。
  • ・業務委託先、グループ関連会社において業務遂行上必要な場合
  • ・法的拘束力がある第三者機関から開示要求があった場合
  • ・お客様本人の同意があった場合
4. 委託先の管理
個人情報の処理を外部へ委託する場合は、漏洩や再提供を行わないように、委託先との契約により義務付け、適切な管理をいたします。
5. 個人情報の収集
個人情報保護に関する関係法令を順守するとともに、本ポリシーの内容は継続的に精査し、改善に努めます。

個人情報保護方針

株式会社大興設備開発(以下、当社)は、主事業である建物総合設備管理、高圧受電管理、空調設備管理、給排水設備管理、防災設備管理ならびに設備工事業を営んでいくうえで、個人情報の保護が重大なテーマであると認識しており、「個人情報の取り扱いに関する方針」を以下のとおり定め、全従業員に周知徹底するとともに確実な実行を図ります。また、確実な個人情報の保護を実現し、お客様と従業員への継続的な安心を提供いたします。

1. 個人情報の取扱いについて
当社は、「個人情報保護に関する法律(平成15年法律第57号)」、「国土交通省所管分野における個人情報保護に関するガイドライン」、「ビルメンテナンス業における個人情報保護に関するガイドライン」を遵守し、企業活動の上で取り扱う個人情報について、これを適切に管理、保護し、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行いません。そして、そのための措置を講じ、業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立するとともに、社内諸規程に従い適切かつ慎重に取り扱います。
1)個人情報の取得について
個人情報を取得する際には、お客様及び従業員に対し収集する目的を明確にし、その目的達成に必要な範囲の個人情報を適法かつ公正な手段にて収集させていただきます。なお、当社で取り扱う個人情報の取得目的は以下のとおりです。
  • ・お客様情報の収集目的 : お客様と連絡を取るため
  • ・利用者情報の収集目的 : お客様が要求する利用者の特定及び連絡を取るため
  • ・従業員情報の収集目的 : 従業員の状況を確認するため、納税のため
2)個人情報の利用について
個人情報を利用する際には、お客様及び従業員から同意を得た取得目的の範囲内のみで利用いたします。
3)個人情報の提供及び委託(社労士・税理士・弁護士・産業医)について
個人情報を第三者に提供または委託する際には、お客様及び従業員から同意を得た収集目的の範囲内でこれを行います。なお、提供及び委託を行う場合は、お客様及び従業員に事前の承諾をいただいてから行います。
2. 安全対策の実施について
当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失または棄損を確実に防止いたします。また、内部監査の結果、お客様及び従業員からの要望等により改善が必要とされたときには、速やかにこれを是正いたします。
3. 個人情報の取扱いに関する法令・国が定める指針その他の規範の順守について
当社は、確実な個人情報保護の実現のため、個人情報の取扱いに関する法令・国が定める指針その他の規範を遵守いたします。
4. お客様及び従業員の権利の尊重と苦情及び相談への対応について
当社は、お客様及び従業員の権利を尊重し、お客様及び従業員から自己情報の開示、訂正・削除、または利用もしくは提供の拒否を求められたときは、確実に応じます。また当社は、本人からの苦情及び相談を受け付けて、適切かつ迅速な対応をし、その目的を達成するために必要な体制の整備を行います。
5. 個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善について
当社は、内部監査や事業者の代表による個人情報保護マネジメントシステムの見直しの機会を通じて個人情報保護マネジメントシステムを継続的に改善し、常に最良の状態を維持します。

制定年月日:平成21年7月1日

改訂年月日:平成27年6月1日

代表取締役 森本光月

情報セキュリティ方針

株式会社 大興設備開発は『安全と安心をお届けします』を企業理念として、設備管理業務・設備工事業務をとおして、お客様からの信頼を第一とし、お客様に信頼されるサービスを提供してまいりました。「お客様の信頼を保持し、より良いサービスを提供していくために、リスクマネジメントのプロセスを確立して、常にお客様のニーズにお応えできる体制を整えておくこと。」が当社における情報セキュリティ目的となります。そのためには、物理的、技術的なセキュリティの強化はもちろんのこと、社員一人一人が情報セキュリティに対する主体的意識を持ち、セキュリティを尊重した行動をとることが重要だと考えます。これらを踏まえ「情報セキュリティ方針」を定め、当社の情報セキュリティの基本指針とし、順守してゆくことを宣言いたします。当社はこの方針を全社員に周知し、ホームページを介して一般の人が入手可能な状態にします。また、この方針は必要に応じて見直し、常に時代の変化の中で組織の強化を図っていきます。

1. 情報セキュリティの維持・管理
当社は、情報セキュリティを維持・管理するために、リスクアセスメントにて情報の機密性、完全性及び可用性が喪失した場合のリスクとそのリスク所有者を特定し、リスクをマネジメントしていくことが重要な経営課題であることと認識し、業務形態に応じた適切かつ効果的なセキュリティリスク対応及び処置を行います。
2. 情報セキュリティ管理体制
当社は、代表取締役を最高責任者とした管理体制の下、情報セキュリティ管理責任者の任命及びISMS推進本部を設置し、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の体制を整えます。また、組織的なセキュリティ強化を行うために各部署の推進委員を定めて情報セキュリティ目標を確立し継続的改善を行います。さらに、活動に必要な人材と資源を投入し、これを推進します。
3. 情報セキュリティのリスクマネジメント
当社は、情報セキュリティのリスクを特定し、分析し、評価し、適切なリスク対応策を施し、社内においてはモニタリングとレビューを行い、お客様や外部機関とのコミュニケーションを図り、協議することによって、リスクマネジメントを展開します。
4. 情報セキュリティインシデント(事件・事故)への対応
当社は、情報セキュリティに関する事件・事故が万一発生した場合には、発見者は速やかに部門長に報告し、部門長は代表取締役並びに情報セキュリティ管理責任者にその内容を報告することを徹底します。この事件・事故発生原因はISMS委員会にて分析と記録を行い、必要に応じて再発防止策を実施します。
5. 情報セキュリティ教育
当社は、役員及び社員に対し情報セキュリティに対する意識向上を図り、継続的な情報セキュリティ教育を実施し、当基本方針の周知徹底を行います。
6. 法令順守
当社は、情報セキュリティに関する法令・条例はもちろん、ISMSの規格要求事項、業務上締結した契約書や仕様書の要求事項を満たし、順守します。

制定年月日:2011年2月1日

改訂年月日:2016年6月1日

株式会社 大興設備開発  代表取締役 森本光月

品質・環境経営宣言

基本理念
株式会社大興設備開発は、「安全と安心をお届けします」を企業理念に、総合ビルメンテナンス及び設備工事における全ての活動やサービスによる環境影響の低減と環境保護活動に努め、サービスの質を向上させて、顧客の信頼と満足を得ることにより、将来にわたって企業としての存在価値を高めることに努めます。
経営ビジョン
当社と関わる全ての利害関係者との良好な関係を築き、京都の総合設備管理業界でのトップを目指す。
方針
当社は、業務に係わる全ての活動及びサービスの環境影響を低減して広く社会の信頼が得られる組織にするために、以下の事項について目標及び実施計画を作成・実践し、マネジメントシステムの有効性を継続的に改善します。
1)顧客の信頼獲得と顧客満足度の向上
従業員の業務意識と高い質の業務遂行能力の保持と向上に万全を期し、お客様に信頼される設備管理サービスと各種工事を提供します。
2)法規制等の遵守
当社に適用される品質及び環境関連の法的及びその他の要求事項を順守し、事業に伴う社会的・環境的負荷の低減につとめます。
3)環境パフォーマンスの継続的改善
業務遂行に伴って排出される廃棄物の適正な処理及びリサイクルの推進に努めるとともに、環境をエコロジーに限定せずエンバライメントとしてとらえ、人間関係や社内美化等の勤務環境の向上も図ります。
4)人的経営資源の充実と会社の更なる発展
会社の財産である従業員各位の技術・技能とコミュニケーション能力の向上に努めることで顧客の信頼と満足を獲得し、会社の更なる発展へと繋げてゆきます。
5)地域の発展への貢献
地域に根差した企業として、設備管理や設備工事を通して京都の発展のために全力を尽くします。
当社はこの方針を全社員に周知し、ホームページを介して一般の人々が入手可能な状態にします。また、この方針は必要に応じて見直し常に時代の変化の中で組織の強化を図っていきます。

制定年月日:2016年6月1日

株式会社 大興設備開発  代表取締役 森本光月

環境宣言

基本理念
株式会社大興設備開発は、「安全と安心をお届けします」を企業理念に、地球環境の保護・保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識した上で、全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。
方針
株式会社大興設備開発は、総合設備管理業に係わる全ての活動の環境影響を低減するために、次の方針に基づいて環境マネジメント活動を推進し、地球環境との調和と保護を目指します。
  • 1)当社の事業である建物設備管理及び設備業に係わる全ての活動の環境影響を常に認識し、環境汚染の予防を推進する環境マネジメントシステムの確立及び実施を行い、それを維持することで、継続的改善を図ります。
  • 2)当社の事業活動に係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  • 3)当社の事業活動に係わる環境影響項目のうち環境に著しい影響を及ぼすと考えられるもの、またはその可能性のある項目を特定するために環境影響評価を行い、特定された著しい環境影響項目を環境改善目標の設定時に考慮して環境管理重点テーマとして取組み、継続的改善に結びつけていきます。
  • 4)社員一人ひとりが環境負荷低減・環境保護活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに、ホームページを介して一般の人々が入手可能な状態にします。
上記の方針達成のために、目標を設定して、年一回見直し、環境マネジメント活動を推進します。

制定年月日:2005年7月1日

改訂年月日:2016年6月1日

株式会社 大興設備開発  代表取締役 森本光月

Copyright (C) Daiko Co,.Ltd.All Rights Reserved.